Bonboya-Zyuギャラリー:ペイントツールの究極のガイド!

ペイントを始めるときに最も難しい部分の1つは、使用する適切なツールを見つけることです。初心者としてあなたを混乱させるかもしれないたくさんの塗装装置があります、特にあなたがそれらのそれぞれが何をするのかわからない場合。さらに、画材は高価なので、ランダムに購入することは問題外です。 

新しいアーティストを刺激するための専用プラットフォームとして、最初の傑作を完成させるために必要なすべてのツールに関する完全なガイドを作成しました。さまざまな種類のペイントからさまざまな種類のブラシまで、以下のリストを確認してください。 

5種類の絵の具絵の具 

を決めたら、まずは絵の具そのものを用意する必要があります。これには多くのバリエーションがあり、それぞれの長所と短所で機能が異なります。

アートペイントの5つの主要なタイプをチェックして、ここボンボヤジュギャラリーでそれらを際立たせる特性について知ってください。 

アクリル絵の具 

アクリルは、世の中で最も用途の広い種類の絵の具の1つであり、初心者の画家に最適です。このタイプのペイントは、ステイン、グレージング、ブラシワーク、ウォーターメディアテクニックなどでうまく機能します。 

アクリル絵の具の品質は、軽くて滑らかであると言えます。それは強い色と明るい色素沈着、そして耐久性を持っています。また、他の塗料に比べて乾きが早いです。さらに良いのは、アクリル絵の具が紙、石、さらにはキャンバスなどのあらゆる表面に適用できることです。 

最も人気のある塗料の種類の1つとして、チューブやボトルなどのさまざまな形のアクリルを購入できます。

油絵の具 

このタイプの絵の具は、耐久性があり、光沢のある仕上がりで作品を提供するため、クラシックな作品で人気があります。油絵の具は、多くの場合、独特の豊かなワニスと滑らかな質感を持っているため、キャンバス上で素晴らしく滑ってブレンドすることができます。 

油絵の具をより良くするのは、それが長持ちするカバレッジを持ち、色の間のスムーズな移行を作成することです。乾きが遅いので、絵の具の乾きを気にせず、長時間の作業や色のブレンドができます。 

水彩絵の具

水彩絵の具は、水と組み合わされることが多いため、他の種類の絵の具に比べて半透明です。この絵の具が顔料を一緒に保持するために、それはしばしばバインダーとアラビアガムと混合されます。 

このタイプの塗料は、水が蒸発して塗料の顔料だけが残るまで水に懸濁されます。この絵の具で私たちが気に入っているのは、それが滑らかで透明であり、繊細な外観のアートを作成することです。 

ガッシュ絵の具

水彩絵の具とアクリル絵の具の間で引き裂かれているなら、この絵の具はあなたにぴったりです。ガッシュは、水彩画の水溶性とアクリル絵の具の不透明度の両方を備えているため、絵画に関しては両方の長所があります。 

ただし、他の2つの塗料と比較すると、ガッシュは光を反射するのではなく吸収するため、チョークのような外観になります。水彩と同じ効果を出したい場合は、さらに水で薄めるだけです。

エンカウスティークペイント

エンカウスティークは、前述のものほど人気はありませんが、同じくらい優れています。このタイプの塗料はワックスベースで、強力な顔料を使用しており、より大胆な絵画に最適です。エンカウスティークのユニークな点は、湿気を通さないため、溶剤を使用しないことです。

さまざまな種類の絵筆 

絵筆は芸術家の杖です。それを通して、あなたはあなたの最も魔法の作品を作ることができます。どの絵筆を使用するかを知ることは、アートを適切に保つための鍵です。さらに、それはあなたの通常の仕事に効果を追加します。 

ここBonboya-ZyuGalleryでさまざまな種類の絵筆を知り、芸術作品でそれらをどのように使用できるかを見つけてください! 

アクリルブラシ 

アクリルブラシは、キャンバスを最もカバーするため、端が正方形の最大のブラシと見なされています。このタイプのブラシは、塗料の流れを安定して均一に保つために、太く、幅が広く、正方形であることがよくあります。 

ペイントする表面に大胆なストロークを与えるためによく使用されます。さらに、四角いブラシの鋭い端を使用して、絵画の細部を作成することができます。 

ブラシ 

Aはその名前が示すように、角度の付いたブラシは平らで、鋭くまたは傾斜して見える角度で傾斜しています。角度の付いたブラシは、その独特の形状により、アーティストが小さな領域を大きな領域で簡単に埋めるために使用します。このブラシは、コーナーを塗りつぶしたり、曲線のストロークをペイントしたりするときに完全に機能します。 

フラットブラシ 

フラットブラシは、ウォッシュブラシのミニバージョンです。剛毛が厚いため、このブラシは、キャンバスに多くのペイントを適用する必要がある場合に最適なツールになります。 

ファンブラシ 

。 ファンブラシは、平らで毛が広がっているため、ファンのように見えますこのタイプのブラシは、木や土地のパッチに非常にリアルな葉を作成できるため、風景をペイントする場合に最適です。 

さらに、ファンブラシを使用して、微妙なハイライトを暗い色にブレンドすることができます。ファンブラシを選ぶときは、自然な髪のブラシを見つけてください。滑らかな質感と軽いフェザリングにより、ブレンドがより自然に見えるようになります。テキスト効果や葉を作成する場合は、合成ブラシを使用するのが最適です。 

丸いブラシ      

丸いブラシは鉛筆と同じように機能します。これらのブラシの先端は丸みを帯びていますが、先のとがっているため、ペイントをより細かく制御できます。このタイプのブラシは、絵に細い線を作成する場合に最適です。デリケートな部分にディテールを塗る場合にも最適です。 

ライナーブラシ 

丸いブラシがすでにペイントで最高のコントロールを提供していると思うなら、ライナーブラシはあなたが間違っていることを証明しようとしています。一部の芸術家は、その薄くて鋭い剛毛のために、このブラシをリガーブラシと呼んでいます。これは、作業で非常に細い線または細い線を作成しようとしているときに最適に機能するタイプのブラシです。 

先端が小さいので、このブラシは絵の細部を作成することができ、被写体に髪を描くときにも驚くほど機能します。このブラシのすごいところは、非常に薄いにもかかわらず、たくさんの絵の具を入れることができるので、アーティストはそれを使って作品に署名することです。 

フィルバートブラシ 

フィルバートブラシは、端が丸いまたは楕円形のフラットブラシの一種です。横向きに使用すると細い線を作成でき、平らに置くと安定した均一なペイント分布が得られます。このブラシのすごいところは、ペイントに柔らかな外観と滑らかな移行を与え、色をブレンドするときに完璧なブラシになることです。 

ペイントの他のツール

ペイントは、ペイントやブラシだけでなく、使用できるさまざまな媒体についても考える必要があります。以下に、必要になる可能性のある他のペイントツールのリストを示します。 

キャンバスキャンバス 

は、芸術作品を表現する場所であるため、ペイントやブラシと同じくらい重要です。購入できるキャンバスにはさまざまな種類があります。 1つ目は、フレームとファブリックを使用して作成できる未処理のものです。これは、ほとんど光沢のある仕上がりの処理されたキャンバスと比較して、表面が粗いです。 

キャンバスは厚く、表面がわずかにでこぼこしているため、油絵の具、エンカウスティーク、アクリル絵の具に最適です。キャンバスについてのことは、それが不透明な絵の具にのみ適しているということです。水彩画の作業を計画している場合は、使用しないでください。

水彩紙 

水彩紙は帆布よりも丈夫ではありませんが、水にさらされても形を保つことができる品質を備えています。水を吸収しないので、水彩絵の具に最適です。水彩紙は帆布よりも安いので、不透明な絵の具の練習にも使えます。 

イーゼルイーゼル 

は、作品の作業中にキャンバスを保持するために使用されます。一部のイーゼルは人間工学に基づいているため、傑作の作業中に背中を痛めるのを防ぐことができます。それらをさらに良くするのは、イーゼルを使用して作品を表示することもできることです! 

ペイントパレットペイント 

を混合する表面を持つことはアーティストにとって重要であり、そこでペイントパレットが登場します。この平らな表面に使用する必要のあるペイントの一部を置き、それを混ぜ合わせて、必要な色相を作成できます。  

Leave a Comment

Your email address will not be published.