Bonboya-Zyuギャラリー:主要な絵画スタイルの紹介

アートは、文明が生まれる前から、常に人間にとって不変でした。穴居人が洞窟に絵を描いていた時代から、ガジェットを使ってアートを制作する現代まで、人間がアートから離れる時代はないようです。 

何千年もの間、私たちは感情やシナリオを表現する独自の方法でさまざまな芸術形態を知るようになりました。ここBonboya-ZyuGalleryで私たちと一緒にこれらのさまざまな絵画スタイルを探索し、以下のさまざまな芸術形態を経験しながら芸術についての知識を広げてください。 

リアリズム 

リアリズムは1840年代にフランスで出現した芸術運動です。これはフランス革命が起こったのと同じ年または時代であることに注意する必要があります。リアリズムが存在する前は、最も人気のある芸術形式はロマン主義であり、人生の厳しい現実ではなく、視覚的な外観、美学、美しさが強調されています。 

リアリズムは、ロマン主義と戦争の苦痛への直接的な反応です。このスタイルの絵画は、美しさへの偏見や懸念なしに、主題とそのありふれたメリットを視覚化しようとします。絵に見られるものは何でも、それが実際にあったのと同じです。  

この絵画スタイルの美しいところは、絵画をそれが何であるかを超えて人工的または美しく見せようとするすべてのものから逸脱していることです。このタイプのアートでは、遠近法を使用して絵画に奥行きと空間を作成し、被写体をよりリアルに見せることがよくあります。 

さらに、写実主義の絵画の主題のほとんどは、非劇的な環境で一日を過ごしている普通の人々です。最高の写実主義の画家の中には、ジャンフランソワミレー、ギュスターヴクールベ、オノレドーミエ、ジャンバティストカミーユコローがいます。 

絵画 

的絵画的スタイルは他の絵画形式ほど人気が​​ないかもしれませんが、産業革命がヨーロッパ大陸を追い抜いた時代の19世紀に導入されました。 

このスタイルが行うことは、絵画の細部を滑らかにしようとせずに、アーティストの顔料とブラシストロークを強調することです。その結果、このアートは、何も滑らかにならず、すべてのストロークが表示される色のぼやけを作成します。しかし、それでも被写体のシルエットを表現する方法は美しいです。最高の絵画芸術家の中には、ユージニー・バイザーマンとヘンリー・マティスがいます。     

印象派 

印象派は、歴史上最も過激な芸術運動の1つです。さらに興味深いのは、このアートスタイルの名前がどのように生まれたかです。それはすべて、1872年に描かれた印象、ソレイユ・レヴァントと呼ばれるクロード・モネの絵から始まりました。この絵は、パリの新聞、ル・シャリヴァリの注目を集めました。 

ルイ・ルロワはこの絵についての記事を書き、印象派運動を始めた「印象派の展覧会」というタイトルを付けました。 

モネの絵画は、ブラシストロークを自由に使用できることと、モネが主題を表現する傾向があることから、リロイによって「せいぜいスケッチ」と表現されています。このスタイルは、常にスタジオ内で行われているアカデミックスタイルのアンチテーゼと言われています。印象派は、外の芸術家が自分で風景を見ながら描いています。 

古典的な印象派の画家は、戸外で絵を描くことによって、日光が風景に及ぼす微妙な一時的および瞬間的な影響を捉える戸外制作で働くことが知られています。これにより、絵画の詳細を示すのではなく、視覚効果の全体的な描写が得られます。 

多くの場合、印象派の絵画に取り組んでいるアーティストは、短くて途切れ途切れのブラシストロークと、純粋なブレンドされていない色を使用して、作業中の絵画に強い色の振動効果をもたらします。  

フォーヴィスムフォーヴィスム 

という用語は、印象派と同じ起源を持っています。それはまた、それを蔑称的に聞こえさせずに絵を描くために、疑いを持たない美術評論家によって偶然に造られました。フォーヴィスムは、ルイ・ヴォークセルが1905年にパリのサロン・ド・オートモンに展示された大胆で明るい絵画について蔑称的な発言をしたときに最初に起こりました。ルイは「ドナテッロ・オー・ミリュー・デ・フォーヴ!」と叫んだことで知られています。 

このタイプの絵画スタイルは、現実と色が互いに別個の実体でなければならないことを示しています。実際の色に関係なく自由に色を使いたいアンリ・マティスが創作したスタイルです。マティスにとって、これは彼の芸術の自由を表現する方法であり、芸術が現実に縛られていないことを世界に示す方法です。 

専門家によると、フォーヴィスムの絵に使用されている色は、画家が感じていることを表現する必要があります。そのため、この絵のスタイルは赤のような強い色を使用しており、印象派の柔らかい色の描写を拒否します。 

この絵のスタイルがしたもう一つのことは、絵の色の目的を再定義し、それを注目の的にすることです。これにより、形状を2次元画像に簡略化することができました。

表現主義 

運動自体の名前から、表現主義は芸術家が彼らのアートワークを通して彼らの感情を表現するための方法です。この点で、それはフォーヴィスムと同じです。しかし、表現主義が違うのは、色だけに焦点を当てていないことです。また、冗語的な描写や歪みと対になった人間の双曲線的な感情も示しています。 

表現主義の絵画は、多くの場合、人、物、さらには漠然とした形や歪んだ比率の場所を示しています。表現主義の人気のある例の1つは、エドヴァルド・ムンクの「叫び」です。ムンクによるこの絵は、超様式化されたブラシストロークで恐ろしいイラストを使用してホラーのグロテスクなイメージを伝えます。 

キュービズム 

キュービズムスタイルは、1907年にパブロピカソとジョルジュブラックによって開拓されました。しかし、この芸術運動に大きな影響を与えたアーティストはポールセザンヌです。キュービズムの芸術は、主題を分割し、抽象的な形に再組み立てすることから生まれます。 

ムーブメント自体の名前から、キュービズムは、単一の視点ではなく複数の視点から被写体を描写するために従来配置されていた幾何学的平面の視覚的な顔を使用します。セザンヌ自身によると、「自然からのすべては、円柱、円錐、または球からその形を取ります」。このアイデアは、人間や風景などの伝統的なオブジェクトを幾何学的な形に再発明しました。 

アブストラクト 

アブストラクトは、さまざまなスタイルを1つにまとめたものであるため、それ自体はアートペインティングスタイルとは見なされません。ほとんどの芸術形式とは異なり、その主題の正確な描写は要約の目的ではありません。代わりに、このアートが表示するのは、オブジェクトの全体的または部分的な抽象化であり、その現実を歪め、何か新しいもののように見せます。 

抽象の比喩的な芸術スタイルは、バロック、マニエリスム、リアリズム、ルネッサンスなどの他の芸術形式で見つけることができます。 

抽象的スタイルの下で、私たちは、第二次世界大戦後にマーク・ロスコ、ジャクソン・ポロック、ウィレム・デ・クーニングという名前のアメリカの画家によって導入された新しい形の絵画である抽象表現主義を持っています。

抽象表現主義の芸術は、キャンバスに即座に色を塗ったり、ランダムな場所に絵の具をこぼして、キャンバスに自然に飛び散ったように見せたりする自発性が特​​徴です。このアートスタイルは、作品全体を色で覆うことがよくあります。 

シュル 

レアリスムは、第一次世界大戦後にヨーロッパで繁栄し始めた芸術運動です。1924年にパリの詩人アンドレブルトンによって開拓されました。芸術スタイル自体は、表現、思考、経験を解放することを目的としたダダイズム運動からインスピレーションを得ました。現実から新しい奇妙なものを作成します。

最も価値のあるシュルレアリスム作品のいくつかは、無意識の心に触発されたもの、または夢に基づいて作成されたものです。この理由は、シュルレアリスムが「すべての美的および道徳的関心の外で、理性によって行使されるすべての制御がない場合の思考の口述」として定義されているためです。 

中国の絵画 

中国の絵画のスタイルはその権利が独特であるため、リストに含めることにしました。中国の絵画のスタイルは他のアジアの文化と似ていると言う前に、日本と韓国の国々に影響を与えたのは中国であり、したがって彼らの絵画は同じではないにしても似ていることを知っておく必要があります。 

このカテゴリには、GonghiとXieyiの2つのスタイルがあります。ゴンギは細心の注意を払って翻訳することができます。鮮やかな色と詳細なブラシストロークが組み合わされており、作品の細部を縮小することがよくあります。一方、Xieyiスタイルはフリーハンドであり、多くの場合、オブジェクト、風景、または人物の非現実的な描写が含まれています。 

Bonboya-Zyu Gallery 

にアクセスしてください私たちのギャラリーにアクセスして、いくつかのアート作品が生き生きと動くのを目撃してください。 Bonboya-Zyu Galleryでは、すべての作品を大切にし、それを私たちの歴史の重要な作品と見なしています。私たちのギャラリーを訪問することにより、あなたはさまざまな現代アーティストの創造を見て、彼らの視点から世界を見るでしょう。 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *